あなたのクローゼット

を持っている5つのWintertimeコートスタイル今日、私は私のセーターの甘さを少しバランスさせるためにクロッされたカットで私がクロップドットで見つけたラグ&ボーンでシアリングコートを着ています。下には、見事なウールコート、フグコート、レザージャケット、そして(おそらくすべての)キルティングコートとともにたくさんのせん断オプションがたくさんあります。それがアウターウェアに関係するときの5つの主要な食品グループ。
P.S.私たちは今日の上着に焦点を当てていますが、私の革のズボンはチェックアウトする価値があります。私は約3年間、今シーズンのために、高級ウエスト、ストレートレッスンズボンの最高のペアのためにハンターにいました。フィット感とスタイルは神のもので、価格ポイントは品質のために素晴らしいです。

1

sh sh

私はShearlingという言葉を使ってテディではないことに注意してください。テディーは瞬間を持っていました、私はそれを与えますが、それを与えますが、それ自体がたくさんの洗練された見方にうまく貸していなかったスタイルに非常にカジュアルなほぼパジャマエスケ自然がありました。しかし、せん断、しかし、私を抱きしめます。あなたは通常、袖口や首輪で見えるような見事な出現を見つけることができます。あなたがトーストされたマシュマロの内側にスワッドされたように感じます。

2.

puう

暖かさと降水量の両方に関連しているときは、常に重いヒッターが急激に、死に凍結するときには100万つのことがあるためのフグが大好きです。コート形状を与えるために、スポーティな効果のためにトリミングされたジャケット、またはベルトまたはダーツのより長いバージョンを選択することができます。

3.

ウール

ファッファやせん断がカジュアルで素晴らしいところに感じると思っているときに、冬の間のあなたの重要な労働日か夜間のコート。クラシックウールコートは、あなたが彼らを思いやりをすることを約束するときにあなたを一生続くところに続く投資です。古典的なピーコート形から特大のカラー/ラップモーメントまで、非常に多くのオプションがあります。ここでは退屈な必要はありません。

4.

レザー

これらのコートのすべてを持つランニングテーマは時代を短く、革のコートは例外ではありません。彼らはあなたが一度に作るもう一度評判の良い投資で、年々復帰します。ここでは、誤ったレザーコートがマスクが難しく、見つけやすいので、焦点が合うことをお勧めします。

5.

qu々

そして今、私の個人的なお気に入りの今シーズン:キルティングコート。キルティングコートとパフダーは通常互いに集中していますが、通常は厚い水平線でより多くの容積が多いと、キルティングコートが少なくなり、小規模な典型的にはクロスハッチされたキルティングパターンが少なくなります。キルティングコートそのため、最小限のボリュームで最大の暖かさを提供し、常に感謝することができます。 ウールの布のコートが十分に気分ではなく、フッファーが強すぎると感じているとき、彼らは特に凄いです。

この投稿でパートナーを提携させるためのNordstromとShopStyleのおかげで!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *